〒899-0217
鹿児島県出水市平和町224
TEL:0996-62-8600
鹿児島県出水市の楠元内科医院

鹿児島県出水市/内科/水俣市/消化器科/循環器科/漢方/禁煙外来

Google


WWW を検索
kusumoto-naika.com を検索

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

黒板

黒板

HOME»  黒板

黒板

ブログカテゴリはありません。
  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

2018/10/28

26日から正倉院展が奈良国立博物館で年1回開催されている。見に行きたい。
先日奈良に出かけた際、もう少しずれていたら良いのにと思ったのでした。と言うのが奈良で過ごしていたのに、その際には、見に出かけたこともなく、正倉院の建物の床下で遊んだ事があったのに、そこがなにを保管されているのかも知りませんでした。宝物が年1回開放される、しかも千有余年の古物、社寺旧家のお宝であるとなるとそんな貴重なものを見ていればと思うだけでも、残念では言葉が足りない。
今年も入場券を用意しようかと言われたのですが、今年は、無理だし来年にお願いしようと思っています。来年の正倉院展に行く予定にして全て予定を組んでいきたい。

2018-10-28 10:00:00

2018/10/23

今朝の南風録にあったことで思い出した。
「ひょっとしてこの子は才能があるのではないか。」子供は、無限大の可能性を秘めている・・・。
将棋の新人王戦になった藤井聡太七段、16歳の高校生でした。卓球の「天才少女」福原愛さん、オセロの世界選手権で勝った小学生・・・。驚く天才児と称される子供達の事が話題になっている。体操界にも出たようである。なんでも話題になるのも良いのでしょうが、地道に頑張って行きたいものだと思います。

2018-10-23 11:38:00

2018/10/19

おかしな事が多すぎると思います。安全の為の大手の企業による検査改ざんデータ改ざんが、この何年もなされていたとのこと、何を信じて安心な生活を送るようにするのか、どうしようか、わからないのではないでしょうか?
医学の世界でもあるとなると、だんだん分からない。
医学部入試の際でも、いろんな事が報道されている!信じられない事が多すぎる。

2018-10-19 11:31:00

2018/10/13

先週から急に秋になってしまいました。たまたま、大和路へ出かけていました。奈良市内、法隆寺、そして明日香巡りをしてそして途中に奈良県立医大を通りました。

最近気にしていたのは、先に今年のノーベル賞をもらうことになられた「本庶 佑」先生の事です。「ほんじょたすく」と言って「ほんじょ」とはどう意味かわからない、広辞苑を見てみたのですが、載っていないのです。また「たすく」とは、神の助けを表す字形から生まれた漢字。助ける、保護する、守るという意味で人を救う意味合いをもつため、情に厚い印象を受けるというイメージがあるそうです。
素晴らしい事。生まれながらに名前がその将来の生き様を表現されていたのですね。
がんの免疫療法となると私には、なんとか言葉の一部分はわかったようでも、その中味は理解できないのです。「オプジーボ」ほとんど理解できない!

2018-10-13 11:17:00

2018/10/9

今朝の新聞で、「新しい御代、安泰」
皇后さまが84歳の誕生日を迎えられて、記者の方へ声をかけられたとのことです。

2018-10-09 09:37:00

2018/10/2

京都大学特別教授の本庶先生が、ノーベル賞を授与されることになったと報道されました。医学、生理学賞を受けられることになったそうです。
本庶先生のご友人で肺がんになってしまった方が、「もう最後でゴルフもダメだと考えていたのに、また良くなってゴルフができる。」と言って喜ばれた、素晴らしい事が現実になって行くのです。
画期的な事がどんどん考えられる事!頼もしい事だと、いつまでも元気で過ごしたいものですね

2018-10-02 10:19:00

2018/9/22

樹木希林というテレビでよく観ていた俳優さんが75歳でお亡くなりになった。
時々、テレビで観るだけでよくは知らない方だったのです。年寄りが専門の方だったので、あまり目がいかず、若い方にだけ目がいってしまうのです。
たまに見ていれば非常に良い、素晴らしい演技をされていたようです。そこまではテレビを見たわけではないが、心の中からの表現が含まれていて、感激して見ており、非常にお上手だと感心していたのです。お亡くなられて残念でした。是枝監督の万引き家族の中の演技など素晴らしかったということです。

飛行機の中からの雲の流れを見ていて、高いところにある雲と低いところにある雲と、その流れ方が異なるそのことを「問答雲」と名付けているとか、本当かな?!と思うのですが、北と南、西と東・・・とかいろんな事が出てきます。

差し障りが出たらよくないのでそんな言葉があるそうだということにしておきます。

2018-09-22 12:29:00

2018/9/17

この15、16日と横浜で日本臨床内科医会があり、出かけました。テーマは、「医識改革」ということで「医」は、学、術、道と業からなっているし、どれが欠けても患者さんだけでなく、医師自身も救われないだろうとの思いからの話のようでした。
「識」とは、意識・学識・眼識・見識・常識・知識・認識・良識・などいろんな角度から見直すべきだろうと提案されていました。

2018-09-17 10:01:00

2018/9/10

天の声にも変な声がたまにあると時々言われている。悪口など傷つけられていることがある。

苦境にあっても天を羨まず、運命に耐え、助け合って行くことが指命だと思う。
地震も暴風雨も噴火も、地球にとってみれば、たまたま地表で起きる小さな変化にすぎないが、それが大災害になって牙をむく。私たちは、立ち尽くし嘆き悲しむしかない。支え合う事で我々は望みを与えられるのだろうと!
 

2018-09-10 10:00:00

2018/9/9

このところ、いろんな事があって自分でもわからない事が多すぎる!
北海道地震!!自然災害と言っても、あまりにも大事すぎてなんと表現して良いのか、わからない。
自分では、幸せを求めて・・・。でも欲の塊で・・・。どうしようもない。
今、どうして過ごそうかなと考えても、だんだん思い出せない事が出てきて困る!
今まで生きている事、そして人の役に立っていると思う事。
少し考えを整理しながら、まとまりのない事を思いながら過ごしましょうと!
またまた支離滅裂な事を思いながら、時間をすごしてみます。そのうちに思いが、多分幸せな方向に向かうかもしれません。なんとかなるさ、なんてではなく100%を求めず過ごそうと、今日はこれで終わりにします!!だんだん私がおかしくなってしまいました。
 

2018-09-09 08:00:00

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5