〒899-0217
鹿児島県出水市平和町224
TEL:0996-62-8600
鹿児島県出水市の楠元内科医院

鹿児島県出水市/内科/水俣市/消化器科/循環器科/漢方/禁煙外来

Google


WWW を検索
kusumoto-naika.com を検索

上のQRコードを読み込んでいただくと、携帯サイトがご覧いただけます。

黒板

医師のご紹介

HOME»  医師のご紹介

ごあいさつ

院長:楠元 孝幸(くすもと たかゆき)

~内科として~

消化器・循環器を記していますが、代替医療の必要性を感じており、西洋医学に東洋医学を取り入れることで、全人的医療に取り組んでおります。
社団法人 日本東洋医学会 漢方専門医(認定番号 第90-1525号)として、漢方療法にも力をそそいでいます。特に腎臓内科医として腎疾患(腎不全)の漢方療法を研鑽しています。また、患者様との面談の必要性も強く感じており、その意味で、心療内科的な診断方法も取り入れています。

高血圧症、代謝疾患(糖尿病・肥満など)等を診察させてもらっていて、スポーツ医学の必要性を思い、日本体育協会・日本医師会での研修会にも参加しています(財団法人 日本体育協会 認定スポーツドクター 第88873号)。

産業医としての活動もやっています(日本医師会 日本医師会認定産業医 第9001818号)。
職場健診、そして、一般の健診の必要性を思い、人間ドック学会にも参加し、人間ドックアドバイザーの資格も取得しています(社団法人日本病院会・日本人間ドッグ学会・日本総合健診医学会 人間ドッグ認定指定医 第2588号)。特定健診・特定保健指導アドバイザーの研修会にも参加しています。

最近、顕著な高齢化傾向が見られることから、アンチエイジングの知識も必要と考え、抗加齢医学会学術総会・研修会にも積極的に参加しています。

院内には、日ごろの近況報告として黒板も設置しております。

医師会会報にも、多々投稿させてもらっています。

院長略歴

院長:楠元 孝幸(くすもと たかゆき)

1940年12月23日 生まれ
1967年 奈良県立医科大学 卒業
1968年 医師国家試験合格(医籍 198902)奈良県立医科大学 第一内科 入局(助手)
1978年 楠元内科医院 開院